チェンジマネジメント

変化は、成長するための機会でもあります。 企業が、ゆるやかで継続的な変化へ対応するにせよ、複雑な変革を推し進めるにせよ、その成功に最も重要な要素となるのは人材であるはずです。

人材が柔軟さ、機敏さ、レジリエンス(回復力)を身につけ、活躍できるよう支援します。

企業が、市場において競争力を保つためには自社の製品やサービスを大きく見直す必要があるという結論に至った時、新たな課題に直面します。新しいビジネス戦略を実行するために、今の人材や企業文化をどのように変えていくかという難しい課題です。 その課題に対処するためには、自社の戦略を個人や組織の目標に落とし込むことが欠かせません。

 

LHHのワークフォースアドバイザリーは、組織の変革を実行する際の課題を個別の要素に分けシンプル化できるよう、リーダーを支援します。 LHHは、調査やデータ、分析に基づく洞察を提供し、人材の構成、将来に向けたスキルと能力、企業文化、リーダーシップ開発のベストプラクティス等についてアドバイスを提供します。

 


「変化」を推進する

 

第4次産業革命の中で、企業の「変化」に対する概念は大きく変わりつつあります。変化が稀にしか起こらず、それぞれに始まりと終わりがある、といった概念は過去のものとなりました。今日の変化は破壊的かつ連続的で、従来のチェンジマネジメントでは通用しません。 昔ながらの理論から脱却し、実践的で持続可能なチェンジマネジメントを実行すべき時期が来ています。

 

LHHの研修プログラム「Accelerate Change」は、個人が変化に対応するための知識やノウハウを習得し直ぐに実践できるようにすることで、組織の変化への取り組みを成功に導きます。 リーダーは、変化の中にある組織で社員を導く方法を会得します。 社員は精神的なレジリエンス(回復力)を高めることで、変化を前向きに捉え、新たな課題に挑戦できるようになります。 

 


 

「変革」を推進する

 

ビジネスの変革の際、企業は2つの課題に同時に取り組まなくてはなりません。 まず、現状うまくいっている事業や取り組みを継続することで、収益を伸ばし事業を成長させることです。 それと同時に、企業は組織の改革にも力を注ぎ、ビジネス環境の変化に遅れをとることなく、競争力を維持できるようにする必要があります。 この2つのバランスを取りつつ、同時に進めるにはどうすればよいのでしょうか?

 

LHHの「Accelerate Transformation」は、変革に必要なマインドセット(思考様式)とスキルを身につけることで、事業目標の達成を支援する研修プログラムです。 このプログラムでは、変革を推進できるリーダーを育成すると共に、社員が複雑で曖昧な状況に対処できるようにします。また、変革に不可欠な、試行錯誤や前向きな失敗を許容する企業文化を作ることにも有用です。

Vanguardリーダー

 

LHHは2018年と2019年に、人材およびリーダーシップコンサルティング分野のVanguardリーダーとして、ALM Intelligence社から認定を受けました。

ALM Intelligence社はVanguardリーダーを次のように説明しています。深い専門性とプログラムの汎用性により、クライアント企業に大きな価値を提供することのできる、業界のトップ企業。

「LHHのプログラムは、ビジネスの現場に即した実践的かつ戦略的な内容となっており、人材とリーダーシップ育成という複雑な課題への解決策を提供し業績向上に貢献することを目的に設計されています。」

「LHHは、リーダーの育成に対する専門性とコンサルティングに益々磨きをかけています。ワークフォースアドバイザリー、人材の配置転換、チェンジマネジメント等の方策を顧客企業の状況に応じて適切に提供し、クライアントの業績向上に貢献しています。」  - The 2019 ALM Vanguard of Talent & Leadership Consulting (英語サイト)

 


お問い合わせ

チェンジマネジメントについて相談する お問い合わせ
LHHのオフィスを探す オフィスを探す